夏までに痩せたい。海外生活で6キロ太った私が無理せずキレイに痩せた5つの方法

ダイエット

「夏までに自信を持って水着を着れる体になりたい!」
「冬に肥えてしまったこのお肉…なんとかしたい」
夏までに少しでも痩せたい…綺麗になりたいと思い、何かしなきゃと焦っているアラサー女子は多いのでは?
ダイエットに成功する秘訣を、海外生活半年で6キロ太ってしまったLUCIA編集部のAzusaが、6キロ戻すために実際に行った事をご紹介します!

「痩せたい」その気持ちから全ては始まる

1. 暇があればジムへ。家にいても肥えるのみ!

漫画にアニメ、Youtube。スマホアプリに雑誌にふかふかのベッド。
たくさんの誘惑がありすぎて、家では全く動く気になれず肥える一方です。

だからこそ、運動が出来る環境へ体を持っていきましょう。やっぱりおすすめはジムです。
ジムに行けば運動しに来てる人しかいない為、頑張ろうと思えます。
ジムは筋トレマシーンやプール、スタジオレッスンなど多彩にあるので、自分が好きなものを見つけるのがオススメです。

2. 夜だけ炭水化物を抜いて朝昼はしっかり食べる。

当たり前だけど、ダイエット中はジャンクフードなどに偏らないように気を付けること。
私が実際に試したのは「夜だけ炭水化物を抜いて、朝昼はしっかりと食べる。」ことと「毎食野菜を多めに摂取する」こと。
全てを減らしてしまうと力が出なかったりするので消費が出来る朝食、昼食はしっかりと!!
夜に炭水化物を控えて朝昼はしっかり食べられると思うと、そこまで食事制限してるっていうストレスは気にならなかったです。
甘いものを摂取したい場合はなるべく果物からと意識付けて。

3. 体重計には乗らない。鏡で体の変化をチェック!

体重ばかりにとらわれないで自分の体を見て変化をチェックすること。同じ体重でも筋肉がつけば見え方は変わります。
始めたばかりは目に見える大きな変化はありませんが、続けていくと小さい変化が見え始める日が来ます。
1日の中でも体重は増えたり減ったりするものです。体型に変化があったときに体重計に乗るということを楽しみに取っておいてもいいかもしれません。
私自身も鏡で見た目をチェックしながら、変化が見え始めたときは感動しました!

4. ダメなものを決めすぎない

「痩せなきゃ」「運動しなきゃ」「食事制限しなきゃ」と、ダメなものを決めすぎると逆に辛くなってダイエットも続きません。
気持ちが切れない為にこれはダメとは決めすぎず、食べたいものはドカ食いしなければOK!
私は食べた分、必ず運動すると決めていました。これだけは絶対に守るというものを1つ決めるのはオススメです。

5. 「なりたい自分」のイメージを決める

こうなりたい!この時に戻したい!この服が着たい!この水着を着たい!などの写真や憧れの人を見てモチベーションにしていました。
着たい水着や服を部屋に飾って常に目に入れるのも◎
少し甘えちゃう自分の気持ちに活が入ります。

6. 短すぎず長すぎない「目標までの期間」を定める

「1ヶ月で、3キロ戻す!」など、あまりにも短い期間で頑張り過ぎちゃうといわゆる”リバウンド”が起きます。
かといって私の場合、長期でもダメになってしまうので、3か月くらいで目標を決めていました。
それまでに変化があれば運動することも日常の一部になり、食事も気を付けなくてもドカ食いなどはしなくなっていた為、
「このまま気をつけよう!」に考えが勝手にシフトチェンジして
ダイエットをすることが生活の一部に自然となりました。そうすることで結果的に6キロ体重は戻して体型もずいぶんきれいになりました。

ダイエットを生活の一部にすること

ダイエット成功の秘訣は、全てを生活の一部にしてしまう事です。気付いたら気をつけられる様になっていれば、少なからず気持ちの持ち様や体に変化が出てくるはずです。変化が出てこればもっとモチベーションあがります。
何かを生活の一部に取り入れて少しでも今の自分より自信を持てる様になれればいいですよね。

女の人とダイエットは切っても切れない問題。
無理をせず、自分に取り入れやすいことからやってみてはいかがでしょうか?

LUCIA編集部

487 views

アラサー世代が集うLUCIA編集部。アラサー女子が気になるあんなことやこんなことを今日も発信します♪

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。